カテゴリ

日本製 簾屏風 女桑調 竹皮 廃版確定品の為 在庫確認必要 屏風 びょうぶ 衝立 ついたて 間仕切り パーテーション 和家具 全国送料無料無料 代引き手数料無料 激安大特価,人気

【屏風(びょうぶ)】日本古来の伝統技術の継承、革新的な調度品への挑戦
創業100年を超える伝統が培ってきた
木と紙にかかわる匠の技

屏風の歴史
屏風は、室内に立てて風を防ぎ、人目をさえぎり、なおかつ装飾する調度品の一つで、古くは奈良時代の東大寺 献物帳に「御屏風 一白双」とあり、奈良の正倉院にも 屏風が保存されています。
平安時代には宮廷の儀式に山水、花鳥、楼閣賢聖図な どの屏風が使われ、桃山時代の大建築には装飾で権力 誇示を兼ねた世界図、南蛮人風俗図屏風も出現しました。
江戸時代には遊郭をはじめ、富裕な町人の間にも流行し、大絵画の発表の機会にもなりました。
近年、屏風は装飾調度品として茶会に供する風炉先屏 風(ふろさきびょうぶ)、枕元に置かれる枕屏風(まくらびょうぶ)等々、さらには結婚式などの慶事に供する金屏風など、その用途も多様化し、生活に密着した調度品として広く尊重されています。
簾屏風(すだれびょうぶ)
天然木ならではの香りと風合いが自慢の屏風です。
すべて国産の材料を使い、竹ひごを一本一本磨き、伝統の技術を用いて作られた逸品です。
ささくれを完全に取り除き、超極細の竹ひごで編まれている簾のよさを屏風に活かしました。


送料・代引き手数料無料
店長の一言コメント
香り立つのは日本の風土で育まれた伝統の美技。
天然木ならではの風合いが、お部屋を涼やかに演出する逸品です。
創業100年を超える伝統が培ってきた木と紙にかかわる匠の技をご堪能ください。

?サイズ約高さ153cm×幅77cm×2曲

新品の掛け軸を豊富に取り揃え販売!
日本画画壇による手彩色作品をお値打ちに!
流行に合わせた表装仕上げ!




靴->   |_ その他 家電->   |_ 壁紙・装飾フィルム-> サイトマップ
Copyright © 2020 news-matsuda.net. All rights reserved.